075-708-3817 info@studyroom.asia 平日:14:30〜21:30  土曜日:13:00〜21:30

よくあるご質問

14 4月 2016

これだけは知っておきたい個別指導塾選びのコツ ②立地編

pixta_12051886_M

質問:塾が遠くなったら転塾すべき?

4月から高校生になり、家から遠い学校へ通うことになりました。今まで通ってきた中学から近い塾に通いにくくなりそうです。高校の近くの塾に変えたほうがいいですか?

回答:通塾時間と塾の満足度を比べて決めましょう

中学生から高校生になるタイミングで塾を辞める生徒や変える生徒は多いです。塾には、中学受験、高校受験、大学受験と、得意分野が異なります。そのため、小学生から中学生になる際、また中学生から高校生になる際に、立地の問題で通塾が難しくなるなら、転塾を検討するのは妥当な判断です。
そこで、重要なのが通塾時間塾の満足度を比べることです。

塾に満足できれば遠くても通う価値がある

その塾は時間をかけてでも通う価値がある?

私も中学と高校では違う塾に通っていました。高校進学するとともに、大学受験に強くて立地的に高校から近い塾へ転塾したのです。
ところで「通勤パラドックス」(commuting paradox)という言葉を知っていますか?

通勤に1時間かかる人が職場に歩いて通える人と同じ満足度を得るためには、その人よりも40%多くお金を稼がなければならないというものです。学生に稼ぐという尺度はないですが、遠い塾(学校)に通う人が近くの塾(学校)に通っている人と同じ満足度を得るためには、何かプラスして得られるものが必要であることがわかります。そのプラスには「合格実績」「その学校でしかできない部活動」「良好な友人関係」これらのものが当てはまるのではないでしょうか。
Passengers traveling by Tokyo metro.

高校県外進学率を見れば大阪・京都の隣県の県外進学率が高いため、他府県から京都の高校に通っている生徒が多いことがわかります。県外進学率が全国でもっとも高いのは奈良県で10.93%、兵庫県6.31%、滋賀県5.98%と続きます。県外進学率が高ければ通学時間が長くなるのは当然のことです。長い通学時間をかける価値がある学校が京都にはあるということでしょう。学校選びと同じで相当な魅力がある塾でないと、遠方まで通塾する気にはならないはずです。

京都市内では遠方の塾に通う選択肢がある

1番良い環境は自分に最適な学校や塾が家から近い場所にあることです。
自宅に近い塾であれば学校が休みの日でも通塾しやすく、学校に近い塾であれば学校帰りに自習室に通うことが可能だからです。
一方、あえて近所の塾に通わない生徒も一定数います。その理由は、同じ学校の生徒と顔を合わせないためです。その背景には、学校から近い塾にありがちなのが塾生の大半がその学校の生徒だという状況があります。

京都市内では質問者のような生徒が今後も増えてくると思います。
というのも平成26年度より入試制度が変わり、今まで南北の2通学圏であったものが、「京都市・乙訓地域」の1通学圏となりました。これにより、居住地域による受験校の制限がなくなり、生徒は京都市・乙訓地域の普通科高校の全21校から、自由に志望校を選べるようになったのです。
つまり、受験校の選択肢が増えたことで、魅力的な高校には遠方からも生徒が集まります。家から遠い高校に通う生徒が塾を選ぶ際には、学校から近い塾と家から近い塾の2つの立地選択肢を持つのです。

結果が出るから遠くからも生徒が集まる塾

あなたは、塾歴という言葉を知っていますか?
塾歴とは「どこの学校(中学・高校)に通っているか?」ではなく「どこの塾に通っているか?」で進学する大学が決まるという考え方です。中学受験塾としてひとり勝ち状態にあるサピックスと、東大合格請負塾の鉄緑会には自然な塾の橋渡しが存在します。サピックスによる難関中学受験指導の結果、合格を掴み取った生徒はそのまま鉄緑会に入会し中高の6年間を過ごします。
言うなれば「サピックス・鉄緑会経由、難関大学行き」です。

2015年度の東大理Ⅲ(医学部)の合格者60%以上が鉄緑会出身という驚くべき事実があります。東大であれば全国から受験生が集まるはずですが、その合格者60%以上が鉄緑会の2校舎(東京校と大阪校)に通う生徒で占めていることは衝撃的です。これだけ圧倒的な合格実績を出されたら、遠方より通う生徒が多いのもうなずけます。東京の校舎は渋谷区に1校舎あるだけなので、様々な地域から通っているようです。つまり、鉄緑会の生徒は通塾時間と塾への満足度を比較した結果、長時間かかっても行く価値がある塾だと判断したため通塾しているといえるでしょう。

「満足度」と「通塾時間」を再度考えてみましょう。

近隣の塾であれば悩みすぎずに体験授業を受けて、ある程度気に入れば通塾を決めるといいでしょう。
一方で、遠方の塾に入る場合は、しっかりと塾を見極める必要があります。極端なことをいえば、通学に2時間かけても満足できる塾があるならば、通塾すればいいと思います。私も浪人時代は約1時間半かけて予備校に通っていました。家の近くには満足できる塾や予備校がなかったからです。

もし、遠方の塾へ通うことにするのであれば、長い通学時間をムダにしないための対策をしましょう。
例えば、以下のようなことです。

  • 通学時間にスマートフォンのアプリで学習する
  • 時間に余裕がある土曜・日曜日に塾へ通う

ありがたいことにStudy Roomの会員生には遠方から通ってくれている生徒がいます。
自宅近くに塾がたくさんあるようですが、Study Roomのコンセプトを気に入ってくださり、わざわざ時間をつくって通ってくれています。これからも「通塾時間」が長くても通いたいと思える、「満足度」の高い教育サービスを提供できるよう心がけたいと思います。

 

【京都市の中高生向け個別指導塾Study Roomのお問い合わせ先】

LINE・Study Roomのお問合せページ・facebookよりご質問とご相談を受け付けています。
お問合せには↓をクリックしてください。

友だち追加数

Study Roomロゴ

facebook

【この記事と合わせてよく読まれています!】