075-708-3817 info@studyroom.asia 平日:14:30〜21:30  土曜日:13:00〜21:30

よくあるご質問

game-controller
10 11月 2015

ゲームと勉強は両立できる!大切なのは習慣化とスケジュールだった

ゲームする少年

質問:ゲームやTVの誘惑を避けて勉強するには?

うちの息子は家にいる時は、TVゲーム・スマホアプリ・テレビと、ほとんど勉強をしている姿を見ません。勉強しなさいと言っても聞かないし、テストの成績も悪くて、来年に控えた受験が心配です。
勉強をさせるにはどうすればいいですか?

回答:勉強も遊びも両立できる習慣づくりをしましょう!

Study Roomにも、TVやスマホゲームが大好きで毎日やらないと気が済まない生徒がいます。学生がそのような誘惑に負けてしまうのは今に始まったことではないのではないでしょうか?保護者の皆さまが学生だった頃も、TVや漫画の誘惑と戦っていたはずです。今の生徒たちは、それらに加えてTVゲーム・インターネット動画・スマフォなど、さらに強力な誘惑と対面しています。まずは、子ども達がそのような時代に生きていることを認めてあげましょう。その上で有効な方法が、お子様にあった習慣づくりです。

自分に合ったスケジュールを立てましょう!

Study Roomでは、なかなか勉強に取り組めない生徒には、生徒にあった自習に取り組んでもらっています。
具体的な指導方法は以下のようなものです。

  • 教室にいる時間は勉強に集中する
  • 帰宅後、自分で決めた時間内で目一杯遊ぶ
  • 寝る前にその日習った内容を復習をする

Study Roomは授業と自習それぞれの月間予定を、生徒と相談して作成します。
生徒の生活スタイルによって、授業日に自習を行う生徒と、授業日以外にも自習を行う生徒と2パターンに分かれているのが特徴的です。自習は授業と同じく1コマ70分間を集中して取り組んでもらいます。状況によっては、こちらから自習で取り組むべき問題をいくつか与えて、間違った問題を解説して理解を深める手助けをしています。また、自習で何をすべきか自分で計画を立てられない生徒に対しては、自習計画が立てられるようにアドバイスをして自立を促します。自習の進め方や勉強の目標がハッキリすると、生徒のモチベーションは上がるものです。

受験前や授業に全くついていけていないなど、よっぽど追い詰められていない限り、やりたいことを禁止されるのは生徒にとってとてもつらいことです。
このように遊びを禁止するのではなく、メリハリをつけて勉強に少しずつでも取り組む仕組みを用意します。そこで勉強が習慣になれば、意識しなくても勉強に取り組めるようになってきます。
勉強も遊びも目一杯できる習慣が身につく、環境づくりを意識してみてはどうでしょうか?

【京都市の中高生向け個別指導塾Study Roomのお問い合わせ先】
 

LINE・HPのお問合せページ・facebookよりご質問とご相談を受け付けています。
 

友だち追加数

【この記事と合わせてよく読まれています!】