075-708-3817 info@studyroom.asia 平日:14:30〜21:30  土曜日:13:00〜21:30

授業の特徴

1対1指導_Study Room

生徒の成長と自立をサポートするには個別指導が良い

「勉強しなさい!」と親から言われた経験は多くの人にあるのではないでしょうか? 「わかっちゃいるけど、やりたくない」と、ひとりではなかなか勉強をがんばれない生徒をこれまでたくさん見てきました。Study Roomでは、講師が生徒の勉強をとなりからサポートすることで、授業時間中は勉強に集中できるようにしています。生徒の勉強に向かう姿勢をもっともサポートする指導方法が、1対1の個別指導です。
 
近年、多くの塾や予備校では映像授業やオンライン指導が導入され、場所にかかわらずどこでも学べる機会が増えてきました。これは非常に良いことなのですが、誰もがパソコンで授業の映像を観ながら勉強に集中できるわけではありまえん。特に、勉強が苦手で成績を上げるために塾に通い始めた生徒は、もともと勉強する習慣がないため、直接指導を受けない一方的な映像授業では、映像を流し見するなど簡単にサボることができてしまいます。これではなかなか成績が上がりません。
 
そもそも、このような生徒は、「やらないといけないとは思いつつ、できれば勉強をしたくない」と思っていることがほとんどです。がんばってやる気を出して映像授業を受けても「なに言ってるか全然わからない。おもしろくない。」と、早い段階でやる気をなくしてしまいがちです。このような「失敗体験」を繰り返すと「自分は頭が悪いからがんばっても勉強できないんだ。」と思い込みやすい性質を持ちます。だから、勉強習慣のない生徒は、ひとりで勉強するのではなく、となりで励ましてもらったり手助けしてくれたりする存在が必要なのです。
 
このような理由から、Study Roomでは「1対1の個別指導」で教育サービスを提供しています。Study Roomの生徒は、講師から良い時は褒められ、落ち込んだ時には励まされ、少しずつ勉強に対する苦手意識を克服していきます。また、講師と信頼関係が築けていくと自分のためだけでなく、講師のために勉強をがんばろうという新たなモチベーションが生まれます。さらに、サポートを受けながら学ぶことが好きになれば、受験勉強にとどまらず一生役立つ学習習慣を身につけられます。
私たちは個別指導をとおして、生徒の成績向上だけでなく、学ぶことを好きになり一生学び続けられる習慣が身につくようにサポートしていきます。


1対1の個別指導だから生徒の成績アップへ本気になれる理由がある

多くの個別指導塾は講師ひとりに対して、生徒が複数いる指導スタイルをとっています。
現場で指導しているなかで、「1対多数」のスタイルでは十分な指導ができないと感じていました。
 
例えば、講師と生徒が1対2、1対3の指導スタイルでは、単純に考えて指導時間が2分の1、3分の1になってしまいます。また、片方の生徒がよく質問をする場合、講師はその生徒にたくさん時間を使ってしまい、もう片方の生徒から「ほとんど指導してくれなかった」と不満を聞くこともありました。このような状況は、自分では解けない問題を理解したい生徒に対して、教育サービスを提供しているとはいえません。
 
近年の入試改革により、学校にも個性が求められ、中学・高校の授業も変化しています。英語のライティング力を強化するため、海外の生徒とSNSで交流をはかる学校。数学の試験で基礎力を重視し、試験の7割近くが計算問題である学校。思考力をつけるため、難題をたくさん取り扱う学校。学校によって授業が違えば、使用するテキストも異なります。
このような個性的なカリキュラムで学ぶ生徒が成績を上げるために、画一的な授業の塾へ通うことは正しい選択ではなくなりつつあります。
 
だから、Study Roomでは、生徒の成績向上を追求した結果、生徒と講師が「1対1の個別指導」を採用しています。成績向上の近道は、生徒に合わせた個別のカリキュラムでじっくりと指導していくことです。また、1対1の個別指導は「対話型授業」が可能となります。講師が一方的に課題や正解を与えるのではなく、生徒との対話をとおして、抱えている課題の本質を明らかにし、生徒自身が考えて問題の正解と理解ができるようにサポートします。生徒が解答や問題パターンを暗記して「わかったつもり」にさせるのではなく、問題の理解と解答力を身につけるためには1対1の個別指導が最適なのです。

時間割

授業時間
ワークショップ・イベント予定
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
13:30~14:40
14:50~16:00
16:10~17:20
17:30~18:40
18:50~20:00
20:10~21:20